2016/10/22

卓上扇風機を作ったとか

もう夏も終わり、秋に差し掛かっていますが、私が住んでいる神戸市はここ数日なぜか暑いので、卓上扇風機を作ってみました。

きっかけとか、どーでも良いって人はページの真ん中ぐらいまで飛ばしてくださいw。


近年、節電やら健康の問題やらで、職場のエアコンの温度が上げられたり、エアコンすらない夏の職場で、デスクワークをする方の傍らで活躍するのが卓上扇風機。
もう、あるのとないのじゃ仕事の効率が違いますな。それは私だけw?

そんな卓上扇風機ですが、コンセントタイプだけではなく、USB で電源を取るタイプの製品も多く出回っています。私も無印良品の二枚羽の卓上扇風機やら、その卓上扇風機に似た Geekway の製品を買っていました。

これらの製品はデスクワークでは風量も十分ですし、静音性もまずまずで満足していたのですが、一つ問題がありました。

それは、耐久性です。
私は日中ずっとデスクワークばかりしていて、扇風機はその間ずっと使っていることになるのですが、Geekway の製品は、1ヶ月ももたずに使い物にならなくなりました。まぁ、購入直後からカラカラと音がなっていたり (回転部の接触不良)、製品が入ってきた箱には Made in China とありましたので、安さ相応なのかなと思います。無印良品の製品は、まだ現役ですが、購入直後に比べると風量が落ちてますし、時々スイッチの制御が甘いのか強モードになったりします。

これまで買ってきた製品は、卓上扇風機のおすすめサイトを見て買っていたのですが、ほとんどが風の強さや静音性、デザイン性でまとめられていて、耐久性にはほとんど触れられていません。

同じことを感じている人はいたみたいで、原因はモーターの整流子とブラシの摩耗にあるそうです。
USB扇風機ふたたび|こむぎブログ~猫とコンピュータ~

じゃあ、摩耗しないタイプの無整流子モーターの卓上扇風機を買えばいいじゃんと思ったのですが、そんなモーターの特性まで書いている販売サイトはなかなかない訳で…。

というわけで、初めから無整流子モーターが使われているであろう PC に使われているファンを利用することにしました。調べてみると、PC のファンを利用した卓上扇風機を作っている猛者は結構いるみたいで、作り方のサイトはよくあります。

ありますが、ハンダ付けとかホットボンドとか、 いかにも猛者って感じです。
そこまでして頑張りたくない私は、以下のものを Amazon でぽちって組み立ててしまいました。
(以下、Amazon のリンクなので、ブラウザに AdBlock をインストールしていると、製品が表示されなくなります。見る場合は AdBlock を一度外してからご覧ください。)

台座はこれ。
これは 12V タイプなので電源が別途必要なのですが、5V タイプは USB の電源ケーブルも入っているそうなので、USB で駆動させたいって人はそちらを買ったほうがいいんじゃないでしょうか。

ファンは指向性があるということで有名な SST-AP121。
メーカーの仕様によるとフルに動かすには 12V が必要ってありますが、最低動かすには 5V あればいいようですので、上の台座の 5V タイプでも動かせるのではないでしょうか。
あと、指向性にこだわったのは、別件でサーバ数台をまとめて冷やすための小型のファンを買ったのですが、 意外に風が拡散してしまって 1m 先まで風が届かない…という残念な経験があったので、こちらにしました。
あと、このファンの耐久性は 50,000 時間のようです。24 時間フル稼働で、5年半はもつ計算ですね。回転数は 1,500 rpm で、これは扇風機の強に当たるらしい…。
→「素朴な疑問 QA625

電源は 12V を供給できるタイプの電源を購入 (台座の 5V タイプを買う人には不要)。
これ、買ってから知ったのですが、外付けのデバイスのセルフパワーにも使えるようですよ。


で、Amazon から本日全部届いたので、組み立ててみました。

まずは開封の儀を。

台座。
シンプルなパッケージの中に、台座と組み立てるのに必要なネジ、ケーブル、ゴム足が入っています。説明書はない!

ファン。
上品な感じのパッケージに7枚羽のファン、電源変換ケーブル、プッシュピンなどの PC ケースに取り付けるためのパーツが入っています。

電源。
パッケージの割に、中身はシンプル! アダプタ、スイッチ付きケーブル、4 ピンから SATA に電源を変換するケーブルのみが入っています。


さて、組み立てに入ります。必要な道具は、精密ドライバくらいでしょうか。

まず、ファンを台座に固定します。 というか、メインの作業はこれくらいですw。
説明書がないので、パーツをあれこれ動かしてみました。

70度と90度が選択できるとあったから、こうかな…。
なんだか、ネジ穴の位置がファンと合わないようなので、降参! Google 先生に画像検索で尋ねてみました。

意外や意外、間に挟めるのではなく、前後に付けるみたいです。
 顔に風を当てたいので、斜めに固定してみます。ちなみに、風の向きは PC 組み立てる人なら常識なんでしょうが、念の為…ファンの中心のラベルがある方に吹いてきます。なので、上の写真の右側はちょっと効率が悪くなりますね。逆向きにしないと…。

まず、長い黒ネジで留めます。

ネジ穴が結構きついので、不要かもしれませんが、裏側をナット?で留めます。

卓上扇風機の設置場所が傷つかないように、付属のゴム足?を貼り付けて、ファン本体は完了。

電源と接続します。
ファンに付属している変換ケーブル (5V、7V、12V と書いてあるケーブル) をファン側のケーブルに接続します。さらに、今回は 12V の電源が確保できているので、12V を電源に接続します。5V タイプであれば、5V に接続すればいいのかな。

これで完成。
早速、電源をコンセントに挿して、スイッチオン!

音は無印良品のファンに比べると小さく、そんなに気にならないレベルですね。
回転数から、風量が扇風機の強だと判断していましたが、ファンの径が小さいので体感では弱〜中な感じでしょうか。それでも、指向性があるのでしっかりと風は届きます。
ただ、このファン、裏側はファンガードがないので、左右の向きを変えるときは持つ手に気をつけなければなりませんw。

ケーブル周りは不格好ですが、おおむね満足のいく卓上扇風機ができました。これで数年は卓上扇風機で、買い悩むことはないでしょう。

2016/10/04

ASUS Vivobook LA200HA を入手してみたとか

メイン機が Linux Mint 18 を入れたノート PC だったり、デスクトップ機だったりする無銘闇人です。
ですが、今回は、ASUS Vivobook L200HA (Windows10) のレビュー記事になります。


一昔前は、PC もシングル CPU で、メモリも貧弱だったため、仮想マシンは趣味の範囲でしかなかったのですが、今は仮想マシンを数台、1つのマシンで動かせるほど手頃な価格でハードウェア入手できるようになりました。
おかげで今では Windows が必要な場合は VirtualBox で作った仮想マシン上で作業ということを当たり前のようにしています。(昔はデュアルブートとかトリプルブートとか頑張ってたなぁ…。)

しかし、プリンターやプロジェクター、特殊なデバイスは、Windows 環境でのテストしかしていないため、Linux で動かないことがしばしば。なので、どうしてもネイティブな Windows PC が最低 1 台必要になります。

とはいえ、デバイスの確認やらネイティブの Windows でしか動かないソフトウェアのために高額な PC を買うのも、そのためにスペースを空けるのも嫌だなぁと思い、格安でありながら、そこそこ使えるノート PC をサブ PC として確保しています。

これまでは Lenovo S10-2 やら、Asus Eeebook X205TA を使ってきましたが、Lenovo S10-2 は 4~5年使ってきたのでディスプレイに寿命が来てお陀仏。ASUS Eeebook X205TA は昨年購入し、この前まで使っていたのですが、Windows 10 の Universal Update を適用したところ、Wifi ドライバが不調で、再インストールしても不調のままだったので、別 PC の購入に踏み切りました。

ドライバ周りが不調だった X205TA ですが、軽さやバッテリー持続時間 (11時間くらい)、キー配列、処理速度はサブ PC としては悪くなく、価格も 3 万円程度と安かったので、後継機の Asus Vivobook L200HA をポチりました。

ちなみにこの L200HA は公式ページにないモデルで、ベースとなっているのは ASUS Vivobook E200HA。違いは、付属の microSD の有無と色違いくらいでしょうか。なので、ここでのレビューは E200HA の参考になるかもです。
違いについては以下のサイトでまとめられています。
ちなみに、X205TA も E200HA も、内部ストレージは eMMC というフラッシュメモリストレージ (速度は HDD 以上 SSD 未満で交換不可) の 32 GB なので、ちょろっと使えればいい人向けか、microSD に VHD イメージを構築してストレージを拡張できる人向けの PC です。あと、フラッシュメモリの寿命も考えないといけないので、長く使いたい人には不向きかもしれません。

さて、早速レビューといってみましょう。

まず、外装パッケージ (写真左) は、X205TA (写真右) と同じですね。

中身は本体と、電源ケーブルのみ (説明書もありますが) でシンプルです。電源ケーブルは X205TA と少し違い、ケーブルの被覆がつや消しタイプになっていて、柔らかくなっています。

本体の比較。左のピンク色 (写真左) が X205TA で、黒色 (写真右) のが L200HA。後継機だけあって、サイズは同じですね。

厚さもほぼ同じです、多分…。L200HA (写真右) の色が黒っぽいせいか、少々厚く見えます。
写真は左側面の写真ですが、電源、microSD スロット、microHDMI は共通していますが、L200HA ではイヤホンジャックがなくなり (右側面に移動; 下の写真を参照)、USB 3.0 が 1 つ付いています。

右側面の写真。L200HA (写真右) では、移動してきたイヤホンジャックと、USB 2.0 が 1 つ付いています。トータルでは USB の個数に違いはありません。X205TA (写真左) では、右側に外付けストレージも繋がなければならなく、USB メモリを刺したまま、マウスなどの移動が多いデバイスを右側に置くとぶつかって壊しそうだったのですが、L200HA ではその心配が改善されているようですね。

キーボードは、よく使う 左 Ctrl が端にあり、ファンクションキーや半角/全角キーもよく見る位置にある、Enter キーの大きい典型的な日本語キーボードです。
押し心地は、X205TA (写真左) の時はペタペタした感じで、押し込みが浅く、少々押す力が必要で、その分反発も強かったのですが、L200HA (写真右) は、キーが少し浮いている分、クッション (バネ)?が入っているのか軽いタッチで押せます。

電源を入れた中身は、基本的に X205TA と同じです。
  • CPU が変わっているのでスペック的には上でしょうが、体感ではわからないですね。
  • スピーカーは、X205TA と同じく本体下部の手前から出るので、変わりはないかと。
  • USB Charge Plus というソフトウェアが付いています。なんでも、PC が電源に接続されている際に、USB でスマホとかを急速充電ができるらしいです。素晴らしいですね。使ってないですけど…。
  • X205TA であった電源ボタンを長押ししないと電源が入らないとか、そういうのはないですね。X205TA はスペックはいいんだけど、細々としたトラブルが多かったorz。

このほか特筆すべきなのは、X205TA で問題のあった Wifi ドライバについて。X205TA の時は「Broadcom 802.11abgn Wireless SDIO Adapter」 (写真左下) だったのですが、「Qualcomm Atheros QCA9377 Wireless Network Adapter」 (写真右下) に変わっています!

L200HA に入っている OS が Windows10 の Universal update 前のものだったので、早速アップデートしましたが、wifi ドライバを再インストールするとか、デバイスのプロパティをいじるとかそういう面倒なことをせずとも、Wifi が使えます!素晴らしい! (というか、これが普通なんですけどね…)

別の話ですが、別のデスクトップ機で Linux のサーバを構築する際も Broadcom のデバイスでうまくいかなくて、ドライバをインストールして、modprobe でどうとかこうとかほにゃほにゃして…と面倒なことをした記憶があります。ホント、Broadcom って嫌になっちゃうね…。

あと、L200HA では、最初から入っている Windows が 64 ビットになっています。まぁ、普通に使う人なら関係ないのでしょうけど、開発とか Linux を弄る人にとっては、Bash on Ubuntu on Windows が使えるので、これは大きいのではないでしょうか (Bash on Ubuntu on Windows (Windows subsystem) は X205TA に入っている Windows 32 ビットだとインストールできない)。これまで、msys2 をインストールしたり、chocolatey や clink、gow をインストールしてしのいできたけど、これなら快適になれる!

そう思える PC でした。